うつ病は治療で改善させよう!【入院して解決するやり方】

医師との関係が重要

医者

不安要素は取除く事が必要

うつ病は他の病気と同じように誰もがかかる可能性のある病気の1つです。しかし実際に患者となった場合には、どの診療科を利用したらよいのか迷ってしまう事があります。心の病を扱う診療科としては、精神科や心療内科、メンタルヘルス科等があります。これ等の中には身体的な症状を中心に診ている所もありますが、いずれも診察内容に大きな違いはありません。そして問題となるのが、クリニックと入院施設のある病院のどちらにするかです。身近なクリニックなら仕事帰りやショッピングのついでに気軽に立ち寄れるというメリットがあります。一方、大きな総合病院や精神科単科病院なら鑑別診断や専門的な治療を受ける事が可能です。うつ病はこじらせてしまうと再発する可能性が高く、入院と退院をくり返しながら完治するまでに数年を要する事も珍しくはありません。適切な診断と治療を受ける為には、医師との信頼関係を築く事が大切となります。大きな病院なら複数の医師が在籍しているので、コミュ二ケーションが取りやすい相性の良い医師とめぐり合える機会も多くなります。そしてうつ病は、短期間で症状が目まぐるしく変化する場合も多く、早急な対応が求められます。その様な理由から治療施設を選ぶ際には、予約の取り易さも重要になります。うつ病は早めに治療を開始する事ができれば、数ヶ月間の通院で回復の兆しがみられる場合があります。しかし中には統合失調症や強迫性障害を併発しているケースも多く、入院による治療が必要になる人もいます。うつ病も他の病気や外傷と同様に保険診療扱いとなるので、加入している健康保険を利用する事が可能です。しかし医療費以外の食費等は全て自己負担となり、別に請求される事となります。月額の医療費が3割負担として8万円から15万円、その他に3万円程度必要になるので、合計11万円から18万円が実際に支払う相場料金です。この様な金銭的な負担を軽減する制度として高額療養費制度があります。これは医療機関で支払ったお金が一定額を超えた時に申請を行なう事で、超過分が戻ってくる制度です。年齢や年収、加入している保険の種類によって区分や請求方法が異なります。この制度は医療費が対象となり、食費等の自己負担分は除かれます。長期入院ともなれば、金銭的負担が更に増すので精神的な重荷と感じる人も少なくありません。入院をする際、費用の事で心配な人は、各医療機関に設置されている相談室を利用するのが便利です。在籍する医療ソーシャルワーカーによる支援が受けられるので、不安を解消して治療に専念する事ができます。

Copyright© 2018 うつ病は治療で改善させよう!【入院して解決するやり方】 All Rights Reserved.